40代、50代になって髪質が変わった?加齢毛へのアプローチ。自由が丘、奥沢田園調布エリアの髪質改善特化サロンtecco.


加齢毛へのアプローチ

tecco.店長のLISAです。

今回は年齢とともに変わる髪質への対応について書いてみました♪

加齢で起こる髪質の変化

年齢とともに毛細血管が老化することで、健康な状態に保つための栄養が十分に届かなくなります。
髪の毛の栄養は毛細血管を通して送られるのですが、加齢によって髪の毛に必要なものが運ばれづらくなり細くなります。

最近髪が細くなってきた!!
と感じる方はそのような原因があります。


それに加え白髪の量が増え、白髪染めやカラーをする周期が短くなりさらに髪を細めます。

根元だけのカラーならどこで染めても同じ!と考えている方も多いと思いますが、カラーを塗る前に前処理をしたり、根元だけカラーを塗る場合でも中間毛先には保護剤などをつけ流れ着くカラーのダメージを軽減したり、カラーで残ると悪さしてしまうものを中和したりするアプローチが大切です。

それをするかしないかで髪の状態は変わります。

髪が細く軽くなることによって、今までくせはなかったのにくせが出てきり、若い時は髪がまとまっていたのにまとまらない。
今まで通りトリートメントをしているのに効果が薄く感じたりします。
私自身も年齢とともに髪質の変化は感じます(><)

顔周りの髪はやはり細くなったなとも感じます。

【加齢毛へのアプローチ】


くせではなく、髪が細くなったことでダメージが出やすくなり綺麗に見えない場合は表面だけのトリートメントではなく、髪を強化し補強します。


そこに持続力を高めるために髪を引き締め架橋してくれる酸などを使用してハリコシを出しながら指通りもしなやかにします。


しっかり髪の内部から改善することで1本1本の髪が重くなりまとまりが良くなります。
(酸は使い方次第でマイナスに働いてしまうこともあります。当店では酸熱トリートメントをされている方の施術はお断りしています。それを否定しているわけでなく、酸熱トリートメントによる失敗はアプローチがしづらいのでご了承ください。使い方次第でとてもいいものではあります。)

 

髪が細くなったり、軽くなることによって出るくせが原因で綺麗に見えない場合はそのくせを伸ばすのも方法の一つです。

上の写真はダメージ自体は多少あります。

くせが原因で根元の方が綺麗に見えづらいです。

このような場合はくせに合わせた強さの薬剤を使用しくせを伸ばします。

そこに髪質改善トリートメントをしていきます。

くせを活かすという選択肢もあるので、何を求めるかによっても施術が変わるので相談して決めていきましょう!

今まではくせがなかったから気にしたことはない方ももしかしたら最近髪が綺麗に見えないのはくせが原因の場合もあります。
くせはトリートメントだけですと綺麗には見えづらいです。
ツヤは光の反射により起こるのでくせがあったり、軽くなって広がってると光を綺麗に反射しないので綺麗に見えません。

今までは何もしなくてもツヤがあってまとまりがあった方でも年齢とともに髪は変化しダメージが出やすくなったり、くせが出ます。
なので、髪の状態の変化に合わせて施術をすることが大切です。
実はくせが原因なのにトリートメントだけで改善をしようとするとくせが伸びず悩みが解決できないというパターンも多いです。

昔に比べトリートメントだけで髪が綺麗にならなくなってきたという方はトリートメントの方法を変えたり、くせを伸ばすということで悩みは解決できます。
髪の状態を見て相談もぜひお待ちしてます!!

子供のような綺麗な髪にしたい!
昔のような綺麗な髪にしたい!
そのような悩みを一緒に解決しましょう(^^)

東京、自由が丘駅 徒歩5分

ご予約はこちらをクリックご予約は24時間受け付けており返信は必ず致します。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事にもご興味があるかも