当店取り扱いのヘナとノンジアミンカラーについて説明していきます。

まずはヘナから。

本物の美容師達が選んだ本物の天然ヘナ

✨ヘナのことはぜひお任せ下さい✨

アトピーや肌の弱い方に効果的な天然ヘナ。
【🍃天然100%のヘナ染めはこんな方にオススメします🍃】
・地肌に化学染料を触れさせたくない方
・アトピーなど肌が弱い方
・自然志向な物が好きな方
・ジアミンアレルギーがある方
・肌を綺麗に保ちたい方
✨天然ヘナはそんな方々に効果的です✨
*
天然100%を謳いながら化学染料が実は入っていた事によりかぶれてしまったという話もありました😢
(決して化学染料が悪いという意味ではないです。僕もヘナ以外では使いますし使い方次第でとてもいいモノです。)
しかし、天然100%を謳ってのこととなると話は別です。
なので、当店では天然100%ヘナを使っています。


本物のヘナの良さを知っている美容師さんが現地の環境・生産現場を実際に目で確認しています。

ヘナは、天然100%なのでデメリットもあります。

メリット

・自然な色なので色が選べない
・染めて数日は葉っぱの香りがする
・植物アレルギーの方には不向き
このデメリットを除けば

【メリット】

・多少のくせが少しおさまる
・パサつきやすい髪に水分と油分を保持しやすくするので効果的
・ハナハナは化学物質が入ってないので化学物質アレルギーの方でも使用可能
・リラックス効果(自然の香り)
・髪や地肌に優しい

天然のものなのでもちろんデメリットもありますがメリットも多くあります。
やってみたい、興味がある方は気軽にご相談ください!!!
今現在ヘナをされている方のヘナ染めも大歓迎です!!

ノンジアミンカラーについて

【ジアミンアレルギーで悩む方にオススメノンジアミンカラー】

塩基性・HC染料
【✨ノンジアミンカラー✨】
このような方にオススメ
・ジアミンかぶれの方
・肌の弱い方
・カラーに不安のある方
このような悩みをお持ちの方にオススメです。

【🤔ノンジアミンカラーとは??🤔】
そもそもジアミンとはヘアカラーでとても大事な核として染料に含まれる(パラフェニレンジアミン)等を指します。
このジアミンは少しの量で色素を濃く出すことが出来ることと様々な色味を簡単に作ることができます。
カラーの色持ちや色の調整などにとても役立つ成分です。(僕自身も使いますし、本当に色持ちなどを考えたら優れたものです)
しかし、その反面ジアミンは有毒性を持っていてアレルギー反応を引き起こす原因になることも問題にはなっています。
必ず誰しもがなる訳では無いので使い方のバランスが大切です。
ジアミンアレルギーがある方はジアミンの含まれたカラーで染め続けるのは避けた方がいいです。
ジアミンアレルギーをお持ちの方にはノンジアミンカラーがオススメです。

先程書いた通りジアミンは色持ちや色調の調整に優れているのでそのジアミンが入っていないので、白髪の染まりや、色持ちはジアミン入りに比べては少し弱いです。

【染みてもいいから濃く染めて欲しいという方はお断りさせて頂きますのでご了承ください】

大切なお肌と頭皮のことなのでその点理解していただけると嬉しいです。


しかし、今までジアミンアレルギーにより悩んでいた方にはとてもオススメのカラーです。

ノンジアミンカラーの種類

【ノンジアミンカラーの種類】
ヘナ(天然自然成分の葉から作られるヘアカラー)

髪を傷めずにオレンジ色の色素が髪のダメージの原因からなる表面の凸凹やざらつきを埋めることによりハリコシや艶を出します。

それにより多少くせが落ち着きます。

・マニキュア(酸性染毛剤)

髪の表面にだけ色素をくっつけるカラー。髪の内部には入らないのでほとんどダメージはないカラーです。

地肌に付くとなかなかとれないカラー剤なので根元ぎりぎりから塗るので根元からしっかり塗りたい方には他のカラーがオススメです。

・HC染料・塩基性カラー(カラートリートメント)

カラートリートメントの中でも塩基性の染料は一つ一つの分子が大きいので髪の中には入らず表面にくっつきます。

HC染料は一つ一つの分子が小さく髪の中に入っていきますが出て行くのが早いです。ナノで色持ちは良くありません。

なのでこの二つを使用したり、カラー剤と混ぜることにより様々な用途で使えるカラーです。マニキュアと違い根元から塗ることも可能です。

・ライトナー(脱色剤)

色を入れることや白髪染め、髪を暗くすることは出来ないのですが色素を抜くことにより髪を明るくすることが出来るカラー剤です。ブリーチなどとも呼ばれます。

・ジアミンの入ってない酸化染毛剤

ジアミンは入ってないのですがジアミンとは別の酸化染料が入っています。

(これによるアレルギーもあるので注意は必要です)

他のノンジアミンカラーに比べると明るさの調整や色の選択肢は広がります。

しかし、ジアミンに比べると濃いめの色味は少し弱く白髪の入りが弱いなどはあります。


これらすべてに共通することはジアミンは入っていないから必ず染みないということはありません(別の化学染料や化学物質が入っているもの、植物アレルギーなどもあるので等々)
通常のカラー剤に比べこれらは刺激が少ないですし、アレルギーが低いものになります。

ノンジアミンカラーの中にもそれぞれ得意、不得意がありますが今まで叶えれなかったアレルギーの悩みを解決できるようになりました。

今までカラーで染みやすい、アレルギーがある方はぜひ相談してみてください。
一人一人にあった無理ない施術を提案します。髪と頭皮の悩みを一緒に解決しましょう。
ノンジアミンカラーで全体を細かく塗る時はぜひサロンにお任せ下さい。
ノンジアミンカラーを塗るため用のハケやアイテムもご用意してますので違いも実感できます。
ノンジアミンカラーの特徴などを話しながら施術させてもらうのでぜひ頭皮の悩みなど相談してください。
一人一人にあった正しいケアをお伝えします。
もちろんデメリットもありますがメリットも多くあります。
やってみたい、興味がある方は気軽にご相談ください。
今現在ノンジアミンカラーをされている方のご相談も大歓迎です!!
ぜひお待ちしてます。