ヘナで髪を暗くしたり、黒くする事は出来る?自由が丘ヘナ取り扱いサロンtecco.


【天然100%ヘナで黒くしたり、暗く染めるには?】

ヘナはオレンジのイメージがあるけど暗く出来ますか?
結構ある質問です!!

今までせっかくヘナで染めてたので通常のカラー剤はなるべく使いたくないという方も多いと思います。

なので今回はヘナなどを使い髪を暗くする方法について書いていきます。

ヘナは天然100パーセントですとオレンジの色素です。

ヘナに化学染料や化粧品の顔料を入れ濃く染まるようにしているものや、色のコントロールができるものなどもありますが当店では天然100パーセントのヘナを取り扱っているので色素はオレンジてす。

暗くする場合には日本では藍染として知られるインディゴを併用します。

【インディゴで染めるとどうなる?】

インディゴを白髪に使用すると青緑がかった色になります。
インディゴの色素は空気に触れることで少しづつ染まります。
インディゴはヘナと違い菌で染まるので濡れてる状態で少し置いてあげます。
濡れてる時は菌が活性化してくれるのでインディゴで染めたあとはすぐ乾かさないのが大事です。

インディゴは染めたあとがとても大事です(^^)

白髪をしっかり染めるにはヘナのオレンジの色素で染めたあと流し、インディゴのブルーで2度染めをするのがオススメです。(インディゴとヘナを最初から混ぜ染める方法もありますが染まりは薄いので、染める周期や白髪の量に合わせ使い分けます。)

話はそれましたが、本題のヘナ染めで暗くする、黒くするにするにはですね。

答えとしては暗くは出来るけど黒くするには時間がかかります。

先程書いたヘナとインディゴを使って暗くしたり、黒くするのですが1度では黒くは出来ません。

方法としては先程書いた2度染めで染める方法と
染める周期が早い方はハーバルマホガニー(インディゴ8ヘナ2を混ぜたもの)やインディゴで染めて暗くすることもあります。
一人一人に合わせて提案させてもらいます(^^)

普通のカラーであれば1度でぐっと暗くできますがその分ダメージなどのデメリットもあります。
ヘナやインディゴで暗くする場合はダメージも少なく頭皮への負担も少ないです。

その分時間はかかります。
(ハナヘナブログ参照)

すぐにでも暗くしたい場合は通常のカラー剤やノンジアミンカラーなどで暗くしてその後ヘナやインディゴでケアをしていく方法もありますし、じっくりヘナやインディゴで暗くする方法もあります。

⚠️インディゴで染めると次に明るくするのは難しいというデメリットもあります。

お客様のライフスタイルやこれからを考えて提案させてもらいます。

ヘアカラーが良い、ヘナやインディゴがいいというわけでなくお客様の求めるモノに合わせ相談して決めていきましょう!

 

ずっと継続してお客様を綺麗にできる施術を心がけています。

ぜひ髪が綺麗になるお手伝いをさせてください。

今現在ヘナをされている方のヘナ染めも大歓迎です!!
ぜひお待ちしてます。

【ご新規様クーポン】
100%天然ヘナorノンジアミンカラー(カット別)
¥7.900(ヘナ2度染めの場合¥11.000)
ヘナorノンジアミンカラー+髪質改善トリートメント
¥9.000
カット+ヘナorノンジアミンカラー
¥12.500

なりたいイメージを伝えていただいたり、今の髪と頭皮の悩みを伝えていただくと当日とてもスムーズなのでオススメです。

東京、自由が丘駅 徒歩5分

ご予約はこちらをクリックご予約は24時間受け付けており返信は必ず致します。

&nbsp